社畜生活

たった4つの方法で仕事量を増やさず会社でうまく生きるコツ

社畜ちゃん
社畜ちゃん
仕事が終わらない~><今日も残業かなあ‥。。どうしてこんなに忙しいんだろう…
むんちゃん
むんちゃん
私は定時で帰ってるわよ?自分の会社での立ち位置見つめ返した方がいいんじゃない?

こんにちは、社畜主婦むんちゃんです(@munchan
この記事では、私流、仕事を増やさず会社で上手に生きるコツについてお話します。

この記事はこんな方におすすめです

仕事量と給与が見合ってないと思う方
仕事をよく任される方
仕事量が多い方

反対にこんな方にはおすすめできない記事です

今のお仕事に満足してる方
給与を上げたい方
仕事量と給与が見合っている方

では、さっそく解説していきますね。

「何かお手伝いすることありますか?」はNGワード

自分の仕事も落ち着いたから、残業になりそうな人の仕事を手伝おうかな?という心理です。
よかれと思って言ってしまうこのワード。
私はこのワードを言ってしまったが故に後に膨大な業務量をしないといけない羽目になるのです。。

では、実際に私のエピソードをお話しますね。

私は自分で言うのもなんですが、仕事が早い方です。
上司からもそのように評価されていました。

他の人と仕事量は変わりませんが、仕事を終わらすのが早かったので
毎日残業している人に声掛けをし、仕事を手伝っていました。

上司や同僚からは「仕事できるね」や「頼もしい」と言われ、自分自身も気分が良かったのです。

しかし、気づいたら私は自分の仕事もしつつ「誰かの仕事を手伝う人」になっていたのです。
定時に帰れることもなくなっていました。それも「他人の仕事」で。

当たり前ですよね。だって
自分は暇ですよ
自分は便利屋さんですよ
と自ら豪語してるようなもんですもんね。

 

誰かの仕事を全く手伝うな、とは言いません。
しかし、やりすぎるとそのキャラが確立してしまい、〇〇さんに頼んだら仕事をしてくれる
と思われてしまうのです。

では、私がどんな時に声かけし、どんな時にしないのか紹介します。

声かけをする時
・誰か1人に業務量が偏ってるなっと思った時
・チームメンバーの休みが重なり、仕事をしているメンバーが少ない時
・具合が悪い中出社し、仕事をしている時

さすがにこの状況で自分だけ定時に帰るというのはしない方がいいでしょう。

声かけしない時
・業務量は均等なのにその人の要領が悪い為、残業をしている時
・午前中はペチャクチャ話しながら仕事をしていたのに、定時前になると仕事に終われれている時

言わずもがな、完全に「自己責任」「自業自得」と思った時には声をかけずに定時で帰ります。

冷たい人って思われるかもしれませんが、こうやって自分を守っていかないと仕事量は増える一方なのです。

ですので、ここでお伝えしたいことは、
やみくもにお手伝いするのではなく、お手伝いする時を自分で見極めるということです。

断る時はきっぱり断る

「あの人に言うと怒られるかもしれないから、この人にお願いしよう」
このような頼みやすい人あなたの周りにも1人はいませんか?

こういう人には仕事が集まってきがちです。
それも面倒な仕事が。

しかもその仕事をしたからって特に評価はされません。
たいがいお願いされる仕事は複雑で、セーフかアウトギリギリの仕事だからです。

例えば、3日前には提出しないといけない資料を
ギリギリに提出してきたので、急いで上長にサインを貰いに行かないといけない、等です。

では、なぜあなたにお願いしてくるのでしょうか?
それは、あなたがOKをしてしまう人だから、です。

満員電車に走って乗り込んでくる人たち。
いつまでも扉を開いたままだったら、どれだけ時間だから乗らないでくださいと言っても走り込んできますよね。
本当に乗らないでほしいのであれば、扉を閉めるしかないですよね。
それなら乗客も諦めるはずです。

何が言いたいかと言うと、
なんでもかんでもOKしたらダメ、無理なことはキッパリ断る
ということです。

とは言え、断ることが苦手な方もいますよね。
私も苦手でした。
そんな時はこう言いましょう。
「上司に確認してみないと何とも言えません」→「上司に確認したところNGでした」
「私では判断できないので、上司の〇〇さんに聞いてみてもらっていいでしょうか」

大概、面倒な話が多いのです。
上司の確認を取るという方向で逃げちゃってOKです。

この人では判断できないから聞いても意味ないんだな
と思われたらこっちの勝ちなのです^^

会社での自分のブランディング(キャラ)を確立しよう

あなたは会社でどんな立ち位置ですか?

先ほどお伝えした、頼みやすい人は会社でのあなたの立ち位置(キャラ)なのです。

そのキャラ次第で、プラスになることもあればマイナスになることもあります。

たとえば、この頼みやすい人はどう考えてもマイナスですよね。
あの人に言えば面倒なことも対処してくれる、と思われてしまうのですから。

言いにくい人をお願いできる人=〇〇さん
というブランディング(キャラ)が確立してしまっているのです。

では、反対に自分にとってプラスになるキャラを確立させてしまえばいいのです。
人によって、どんなキャラを確立させたいか異なるので一概に「絶対これ」といったことは言えませんが
例えば私なら自分を下記のようにブランディングしてます。

「残業はしないけど任された仕事はしっかりやる人」
「プライベートと仕事は完全に分ける人」

このように自分のキャラを確立させることで、定時後に仕事を任されることもありませんし、
毎日定時で帰っても仕事自体はしっかりしているので文句を言われることもありません。

 

先ほどの「きっぱり断る」でも同じですよね。
「この人はこのお願いをしても断る人だからなぁ」とは「無理な仕事は断る人」というキャラを確立しているのです。

では、どのように自分をブランディングしていくのか。
もうこれは日頃から発信していくしかありません。

私が発信に使ったのは「日報」です。
毎日業務終了後に配信する「日報」のタイトルに「残業撲滅」というワードを入れていました。
また、上司との面談の際にも、プライベートと仕事はキッチリ分けたいので
残業はなるべくしたくないことを伝えていました。

ですので、使えるツールは全て使いましょう。
あなたがどのように働きたいか、あなたが会社で確立したいキャラを作り上げることで
あなた自身を守るのです。

自分の仕事は責任感を持って最後までしっかりやり遂げよう

今までお伝えしたことは決して
仕事を放り投げて定時退社していいという意味ではありません

任された仕事(毎日仕事が決まっている人はその日の仕事)をしっかり業務時間内にやり遂げることが大前提です。

そうすることで、同僚や上司から信頼されます。
ぶっちゃけ信頼されていたらどんなキャラでも許されます。

その立ち位置を自分で作り上げるのです。

業務時間内に仕事が終わらない人は、業務時間内に仕事を終えている人にどのように業務をしているのか聞くことをおすすめします。
きっと、メール1つでもあなたとの違いがあるはず。

自ら能力を身につけましょう。質問しましょう。

 

さいごに

あなたの仕事量と給与は見合っていますか?
給与以上の仕事や役職を任されてませんか?

このように思う方は徐々にこの方法を取り入れてみてください。

できる人に仕事を集めるというのは、仕方のないことかもしれませんが
私は理不尽だな、と思います。
だって、それだけの対価をもらっていないから。
社会にいる限りこのような悩みは一生なくならないのだと思います。

それならば、自分で仕事をセーブし対価に見合った仕事をコントロールするしかありません。

一番手っ取り早いのは自分が納得できる職場に転職することですが
人間は新しいものを嫌う生き物です。
今の会社でうまく生きていきたいのであれば是非実践してみてください!

 

むんちゃん
むんちゃん
ここまでお読みいただき、ありがとうございます。Twitterでも、ブログのことや夫婦生活、社畜生活のことを呟いていますので、是非むんちゃん(@munchan)と仲良くなってください。