主婦生活

夫婦喧嘩をなくす方法~家事を手伝ってもらい簡単に楽しい夫婦生活を送れるコツ~

むんちゃん
むんちゃん
こんにちは。社畜主婦のむんちゃん(@munchan1115)です。今回は、「夫婦喧嘩をなくす方法~家事を手伝ってもらい簡単に楽しい夫婦生活を送れるコツ~」についてお話します。

はじめに

喧嘩したいワケじゃないのに、夫の顔を見るとついつい文句を言ってしまう。
楽しい結婚生活を送れると思っていたのに喧嘩が絶えない日々…
こんな方いませんか?

この記事では、夫婦喧嘩をなくし、簡単に楽しい夫婦生活を送れる方法をお話します。

というのも、実際に私も夫と一緒に住み始めた頃は喧嘩が絶えず、
ついには離婚というキーワードまで出た程ほどひどいものでした(´;ω;`)
そんな私が少し考え方を変えただけで今では一切喧嘩もなく、
家事も手伝ってくれるようになったのです

この記事を読んでいただければ、喧嘩がなくなり楽しい結婚生活が過ごせるはずです^^

この記事はこんな方におすすめです

最近一緒に暮らし始めた新婚の方
共働きの方
夫の仕事が忙しい方

夫婦喧嘩の原因ベスト3

悩める主婦
悩める主婦
夫婦喧嘩の多い理由はなんなんだろう?

 

以下にまとめてみました

1位 家事…37%
2位 お金…31%
3位 子育て…30%

喧嘩の理由はそれぞれの夫婦の仕事や環境によって異なりますが、
やはり、1番多い原因は「家事」のようですね。

引用:Oggi.jp

私も家事とお金の問題で何度も何度も喧嘩しました。

男性は仕事で疲れているんだから、家くらいゆっくりしたい、
と思うようですね。

これは日本の古くからある慣習で、
「男性は仕事、女性は家庭」という考え方は日本にはまだまだ根付いているからでしょう。

最近は増税問題等で、女性の社会への進出が進み、
首都圏では、共働きが当たり前の世の中になっています。
女性だって仕事してるんだから家でゆっくりしたい!と思いますよね。

ですが、この「男性は仕事、女性は家庭」という考え方は
なかなか簡単にはなくなりません。

ではどうすればいいのでしょうか?
女性が仕事もして家事も全てするのでしょうか?

答えは簡単です。
男性に家事をしてもらうように、工夫すればいいのです。
それでは以下にその方法を述べていきますね。

なぜ夫婦喧嘩をするの?

夫婦喧嘩をする時、あなたはどんなことを考えてますか?

「夫が家事を手伝ってくれない。なんで私ばっかり!?」
「こんなに掃除も洗濯もしてあげてるのに、なんで夫は何もしないんだろう」

こういった理由が多いかと思います。
私も夫婦喧嘩をよくしていた時はこんな風に思っていました。

しかし、この考え方が夫婦喧嘩を起こすきっかけなのです。

「夫が家事を手伝ってくれない。なんで私ばっかり!?」
「こんなに掃除も洗濯もしてあげてるのに、なんで夫は何もしないんだろう」

この赤文字の部分ですね。
「私ばっかり」や「してあげてる」という考え方が問題なのです。
まずはこの考え方をやめることです。

とは言え、この考え方をすぐにやめられないのも現実です。
そんな時は以下のことを考えてみてください。

①夫の仕事について細かく考えてみよう
②夫の好きなところだけを考えてみよう
③夫との楽しかった思い出を思い出そう

ではひとつひとつ説明していきますね。

①夫の仕事について細かく考えてみよう

あなたは旦那さんのお仕事について、どれくらい理解してますか?
具体的にどんな仕事をしているか知っていますか?

営業職の場合、1つの契約を取るのに、この暑い中汗水垂らして飛び込み営業してるかもしれません。
会社に戻ると上司に数字を詰められているかもしれません。
役職がついている方であれば、部下の教育や管理・上司とのパイプ役をしているかもしれません。

夫の仕事の内容を具体的に知ることで、今日は私がやろう!という気持ちになるかもしれません。

②夫の好きなところだけを考えてみよう

あなたはなぜ旦那さんと結婚したのでしょうか?
すくなくとも1つは好きなところがあったからですよね?

私の場合、どれだけわがままを言っても怒らずに受け入れてくれるところが夫の良いところです。
帰りにアイス買ってきて、とお願いしたらハーゲンダッツのアイスを買ってきてくれるんです。

こういう日常のちょっとした部分でいいんです。
イライラすることばかり考えてもすぐに改善なんてされません。
それなら嫌な部分にばかり目を向けないで良い部分に目を向けましょう。
気持ちが軽くなるはずですよ^^

③夫との楽しかった思い出を思い出そう
交際している期間は色んな場所にデートに行ったはず。
楽しかった思い出を思い出すことで、自然と旦那さんの良い部分に目がいくはずです^^

私だったら新婚旅行を思い出します。
どこに行っても感動している夫を見て可愛いなと思った記憶があります^^
10日間の新婚旅行だったのですが、気を使ったり、喧嘩をすることも一切なかったので
本当に気を使わない存在なんだなぁと再認識できました。

誕生日の時に夜景の見えるレストランに連れて行ってくれた、や
浴衣でお祭りデートに行ったな~、等あなたの頭の中に
楽しい思い出が蘇ってるのではないでしょうか?

そもそも夫婦って「他人」だから

むんちゃん
むんちゃん
そもそも育ってきた環境も親も違う。夫婦って家族でもあるけど所詮「他人」なのよ。

あなたの両親はどんな方ですか?
経済状況、住んでいる場所や環境、親の性格によって人の価値観は作られますよね。
20~30年間育てられてきたのです。
そんなに簡単に性格って変わらないですよね。

というか変わりません。
いくらルールを作ったとして、話し合いをしたとして、
最初の頃は注意するかもしれませんが、またすぐに同じことをするのが人間です。
もうこれは仕方ないので諦めましょう。

この諦めることって、結構夫婦生活では大事です。
なぜなら、別の方法にシフトできるからです

仕事で、頑張っても成果が出ない時は大抵頑張り方を間違っていることが多いですよね。
夫婦生活も同じで、間違えたやり方を続けても解決しないどころか、
どんどん嫌気がさしてきて、あなたも旦那さんも疲れ果ててしまうのです。

間違ってもこいつを更生させてやる!変えてやる!なんて思ったらダメです。
無理やりさせようとしても絶対にうまくいきません。

家事は完璧にしなくてOK!適当に手を抜く習慣を身につけよう!

新婚の場合、これから家事頑張るぞ!と意気込んでしまい、
掃除に洗濯、手作りのご飯、トイレ掃除等
毎日全ての家事をしてしまうことがあるかと思います。

しかし、よっぽど夫の協力がなければこんなこと続けられません。
いつか限界がきてしまいます。

とは言え新婚出だしの時ってついつい張り切ってしまうんですよね。

私が毎日していた家事は以下のとおりです。

・買い物(食材)
・掃除機
・クイックルワイパー
・トイレ掃除
・洗濯
・夜ご飯は1人3種類ずつ
・お昼ご飯はお弁当持参

それでも最初は完璧にこなすことが楽しく、
自ら進んでやっていました。

これらをずっと楽しいと思える人は続けていいと思います。
でもそんな人なかなかいませんよね?

ではどうするのか?
夫にもこれらを手伝ってもらうのでしょうか?

それはあなたの完璧にこなしたいという「エゴ」です。

確かに家事は絶対にやらないといけないことですよね。
でも、毎日こんなにいっぱいやらないといけないことではないのです。

それを夫のせいにするのは見当違いなのです。

少しでもしんどい、疲れたと思うなら
明日に回してしまえばいいんです。
明日に回したからといって死ぬわけではありません。

夜ご飯を作るのが面倒だと思ったら
たまにはカップ麺でもいいんです。

洗濯物なんて週に2~3回で十分です。
(むしろ水道代が安くなるので結果オーライです)

私は夫が出張でいない時はここぞとばかりに卵かけご飯オンザ納豆です。笑
その変わり夫がいるときはちゃんと作ってますよ^^
このメリハリが大事なんです。

では、結婚して半年今の私がしている家事はこちらです。

・買い物…週に1回まとめ買い
・掃除機…週2回(洗面所や台所は2日に1回)
・クイックルワイパー…週に1回(週末)
・トイレ掃除…3日に1回
・洗濯…週に2、3回
・夜ご飯…夫がいない時は卵かけご飯オンザ納豆
・お昼ご飯…基本コンビニ弁当(気が向いたら作るくらい)

だいぶズボラになりましたね(;・∀・)
むしろ全然やってへんやん!と自分で見てもビックリしました笑

でも今はこの生活が楽で、むしろ夫に家事を手伝ってもらわなくても
全然OKなのです(‘ω’)

自分がキレイにしたい部分(水回り等)は毎日キレイにしてますが
これは自分の自己満(エゴ)なので、特に夫に腹を立てたりはしません^^

しかし、中には夫婦ともに仕事が忙しく
これすらもできないといった方もいらっしゃるでしょう。

そんな時は思い切って便利グッズを購入しましょう!

掃除機はルンバにしてもらいましょう
洗濯機は乾燥機つきのものを買おう
夜ご飯はミールキットで手っ取り早く

少々費用はかかりますが、

帰ってきたら既に掃除がしてある
洗濯ができてる(しかも乾いてる)
さっと炒めたらできるご飯

19,990円~購入可能。エコバックスをチェック

吸引と水拭きが同時に可能なロボット掃除機

ミールキットの最大手「Oisix」

【kit Oisix】20分で2品作れます♪

むんちゃん
むんちゃん
まずは、Oisixのおためしセットで気軽に試してみるのもありよ

これらのことを考えたら投資しても良い費用だと思います^^

何よりも家事において大事なのは
最低限の家事で良いということなのです。

振り返り時間を作る

自分のことを一歩引いてみることも大事です。

喧嘩をしている時って、ついつい頭に血が上って
思ってないことや相手を傷付けることを言ってしまいがちなんです。

自分では、ついカッとして言ってしまった、くらいに思っていても
言われた相手は「そんなこと思ってたんだ…」と
時には深い傷になってしまうこともあるんです…。

なので自分の言葉や言動を振り返って、

「あの時のあの言い方は相手を嫌な気持ちにさせちゃったかな」
「自分が言われたらどんな気持ちになるだろう」

と少しで良いので自分のことを振り返る時間を作ってください。
通勤電車の中でも、お手洗い中でも、寝る前でも良いです。

そして少しでも相手を傷つけてしまったと思ったのであれば
素直に謝りましょう。
人間は不思議なもので素直に謝られたら、許してしまう生き物なのです。

素直に謝ることによって、次回から気を付けようという気持ちに繋がり
あなた自身が成長していけるのです。

親しき仲にも礼儀あり。言い方を工夫して家事を進んでしてもらおう!

悩める主婦
悩める主婦
今までのことを聞いて、夫に思いやりを持てそう!適度に手を抜きつつ、夫の仕事を理解して家事に取り組めばいいのね!でも、それでも家事を手伝ってほしい時はどうしたらいいの?
むんちゃん
むんちゃん
具体的に言い方やコツをお伝えするわね。

枕言葉を使おう
「ついで」にしてもらおう
一緒にやろう
ルールはゆるめに!

この4つのことを意識するだけで、旦那さんも進んで家事をしてくれるはず!

枕言葉を使おうとは
家事をお願いする前に
「今日疲れてるところ悪いんだけど」
「ちょっとゆっくりしてからでいいからさ」
等の枕言葉を入れてから家事を頼むと快くOKしてくれることが多いです^^

「ついでに」してもらおうとは
「お手洗いに行ったついでにトイレットペーパー補充しといてくれると嬉しい」
「お風呂あがる時にネット交換しといてもらったら助かる」
等相手が行動する時に「ついで」に家事をやってもらいましょう^^

とはいえこれはやりすぎると、反対に相手をイライラさせてしまうので
ほどほどにお願いしましょうね(^^;

一緒にやろうとは
「私は掃除機かけるから、あなたはお皿洗いをお願いしてもいいかな」
「最近リビングが散らかってるから週末一緒に掃除しようよ」
等、相手一人にさせるのではなく、自分もやるから一緒にしよう!と
遊びに誘う感覚で伝えちゃいましょう^^

「させられてる感」がなくなり、まず「NO」と答える旦那さんはいないはずです^^

ルールはゆるめにとは
例えば、以下のルールを作るとします。

【妻】
・夜ご飯
・掃除
・洗濯

【夫】
・お皿荒い
・ゴミ出し

これを絶対のルールにしてしまうと
相手が1つでも担当の家事をしなかった時、
「あなたの担当なんだからあなたがやってよ」
「どうして私の担当分じゃないのに私がやらないといけないの?」
という気持ちになってしまいますよね。

ルールに「絶対」を取り入れてしまうとできなかった時に
夫婦喧嘩になってしまうのです。

ルールは大事だと思いますが、
状況によっては守れないこともあるのです。

ルールを作るのであれば
「できる方がしよう」というルールを必ず追加してください。

もちろんあなたが家事ができない場合は旦那さんに家事をしてもらいましょう。
先ほどお伝えした枕言葉を使ってお願いしたらきっと承諾してくれるはずです^^

無理はしないで。自分の意見はハッキリ言おう。

旦那さんを気遣うあまり、自分を犠牲にしてしまってはダメです。
今までお伝えしたことはあくまで夫婦喧嘩しない考え方やコツなので
しんどいと思ったり、これでも相手が家事を手伝ってくれなかったら
冷静に話し合いをしましょう。

自分の意見をしっかりまとめて相手に伝えてみるのも
夫婦生活を改善できるひとつのコツです

最後に

今回は私自身の経験談を元にお話ししたので、気づけばすごく長い記事になってしまいました(;・∀・)

人生まだまだ長いです!せっかく結婚したんですし、お互いに協力して楽しい夫婦生活を送れる努力をしましょう^^

むんちゃん
むんちゃん
ここまでお読みいただき、ありがとうございます!Twitterでも、夫婦生活のことや社畜生活のこと、ブログのことも呟いてますので、是非むんちゃん(@munchan1115)と仲良くなってください♪

 

 

社畜主婦むんちゃんのプロフィール むんちゃんの生活と背景 こんにちは、むんちゃん(@munchan1115)です^^ 結婚して、29年間育った京都...